2009年04月14日

しまった,野球狂の詩をもう一度読みたくなってきた(笑)

Web拍手:


しまった,野球狂の詩をもう一度読みたくなってきた(笑)
当時は,火浦のとーちゃんが壮絶な死に方をする話に身震いした.
父親というものは,ああいうものだと思う.
(火浦の場合は,血がつながっていないけれども)

「よれよれ18番」もよかったなー.

いまの時代で「経営者ごっこ」をやっている人には,「メッツ買います」あたりの話は,ピンと来ないんじゃないかな.


もう一度読みたい.





野球狂の詩 火浦健編 (プラチナコミックス)
講談社
水島 新司

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

--


posted by NOIKE at 10:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。