2007年08月24日

フォネティックコードの普及度は?

Web拍手:


http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=280826&media_id=33
http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0708/23/news126.html

フォネティックコードなんて,そんなに普及しているかなぁ?
知っていても,もはや,「ノーベンバー,オリーブ... 」っていうほうに頭を切り替えるのに,ちょっと間を要するんじゃないかなぁ.

「D」,「T」とかに気をつけて普通にローマ字読みして,あとは,「そこは,『r』じゃなくて,『l』です」くらいで済むんじゃないかなぁ.
FAX 送ったっていいだろうし.

「.」のことは,私はいまでも「ピリオド」と言ってしまうのだけど,そろそろ「ドット」と言えるようにクセをつけないといけないかな.
あと,「カンパニージャパン」とか,「アカデミックジャパン」とかじゃ,かえって伝わりにくくなっているのかもしれないので,徐々に直していこう.

--

いま見たら,「オリーブ」じゃなかった(^^;).「オスカー」かぁ.

--


【コンピュータの最新記事】
posted by NOIKE at 18:52 | Comment(7) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
和文もありますよ〜
--
Posted by take at 2007年08月24日 19:31
アマチュア無線をやっていると、知っているのが当たり前ですが、最近は無線を使う人が激減していますね。
そのうち忘れそうですが、とりあえずまだ覚えています。
--
Posted by 沼尻 at 2007年08月24日 19:51
take さん,おひさしぶりです.コメントありがとう.
和文もあるようですけれど,メールアドレスを伝えるときは,アルファベット系のほうがよさそうです.
和文は,むかーし,祝電を打つときに使いました.懐かしい.

--
Posted by NOIKE at 2007年08月24日 20:10
おぉ,ジュリエット・アルファ・ワンの沼尻さんだ(笑)
私もとりあえず覚えていますけれど,通じる相手がごくごく限られた人ですので,使わないです(^^;).

--
Posted by NOIKE at 2007年08月24日 20:16
あれ,
ジュリエット・パパ・ワン・エックスレイ・マイク・ノーベンバー

ジュリエット・インディア・ワン・ズル・リマ・マイク
のどちらかが友人のだったのだけど,前者でよかったんだったかな?(^^;)

--
Posted by NOIKE at 2007年08月24日 20:26
無線や航空業界じゃ常識ですよね。

ITmediaってとんちんかんな記事も多くてよくslash dotあたりで晒し者になってますね。今回もこの一文が笑えました。

"またこうしたシチュエーションを想定して、「B-D-M-N-T-P」が入らないように気をつけてメールアドレスを取得しておくことも重要だ。"

私は英語の発音がよくないので、電話で説明するときは P for Paris, T for Tokyoなんていって説明しています。フォネティックコードでPapa Tangoなんっていってもふつ〜の人はえ?って感じではないでしょうか。
--
Posted by のぐち at 2007年08月25日 05:09
その 1 文,目に入っていなかった(^^;).
うーん,私は文字単位でメールアドレスを伝える習慣がないよう.
「のぐちあっとまーく... そう,『ち』は,『しーえいちあい』のほうね」というふうに読みで伝えちゃう.
「Paris, Tokyo」ももっともだね.
日本人相手だと,「O-P-Q-R の P」とか言っちゃうけれど,「P for O's next letter」とかでも通じるのかな?(^^;).

--
Posted by NOIKE at 2007年08月26日 07:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。