2007年03月29日

ID3 v2 の意外な効用

Web拍手:


最近,少しでも荷物を軽くしようとしていて,音楽ファイルを全部自宅に置いておき,ネットワーク越しに取得して聴くことにした.
聴くこと自体は問題なくできるのだけど,どうも曲名などのタグ情報が読めたり読めなかったりする.
あんまり気にしていなかったのだけど,

mixi ミュージック
Last.fm の Scrobble
Windows Live Messenger の曲名表示

に聴いた曲の情報が反映されないのは,悲しい.

さきほど,ふと,時間的に新しい時期にエンコードしたファイルのタグは読めていることに気づいた.
なるほど,そうか.いつの間にか,私はタグを ID3 v2 で埋めていたのね.
ずっと,ID3 v1 で埋めていたつもりだったよー.

ID3 v1 だと,ファイルの末尾にタグが埋め込まれているので,曲の演奏と同時にタグ情報を送信するプレイヤー・プラグインだと,ファイルの末尾がダウンロードされていない状態では,送信しようがないらしい.
ファイルがローカル・ファイル・システム上にあるときは,シークして読んでいたのだろうね.

ID3 v2 だと,ファイルの先頭付近(音響信号情報の前)にタグが埋め込まれているので,演奏開始と同時にタグ情報を送信できるようだ.

ほほー.これは,v1 タグを v2 に移行しておいたほうがよさそう.

ID3 タグの,v1 → v2 コンバータを探してみよう.
誰かすでに作っているでしょう(^^;).

なければ,自分で作る.
そんなたいした話じゃないしー.
v1 のタグを読み出す C の関数は,7 年くらい前に作ったのが手元にあるし.

--


【日常の一コマの最新記事】
posted by NOIKE at 19:25 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日常の一コマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ID3 v1 → v2 変換
Excerpt: http://cancoffee2.at.webry.info/200703/article_41.html --
Weblog: とりあえずコーヒーを飲もう
Tracked: 2008-10-13 17:44
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。