2006年05月20日

いまこそ,石炭,というのはどうだろうか

Web拍手:


石油の値段が,産油国にいいように操作されている.
ひょっとしたら,いまこそ石炭産業を復活させるといいのかもしれない.
ただ,石炭は石油と違って,掘り出しコストがものすごくかかる.
危険度も上がる.
しかし,昔と違って,機械技術も進歩したから,昔ほどはコストがかからずに,そして,昔ほどの危険度は伴わずに掘り出せるかもしれない.
そして,精製技術も進歩し,また,多様化しただろうから,昔よりもコストがかからずに,多様な製品を作れるかもしれない.

総じて見たときに,他国から高く石油を買って高く供給するのと,自国でそれなりのコストで石炭を活用するのと,どちらが安くなるのだろうか.

いずれにしろ,「掘りつくして無くなる」と言われた石炭はいまだに大量にあるし,しかも,需要は減るばかりだ.
一方,石油のほうは,予想よりも早くなくなりつつある.



--


【日常の一コマの最新記事】
posted by NOIKE at 00:55 | Comment(2) | TrackBack(5) | 日常の一コマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
石炭は現在のところ人件費のことを考えると,生産コストがかかりすぎるような気がします.

石炭は石油とは違い掘削の時点で必ず人手が必要であり,それは誰しもが好んで取りかかる仕事ではないでしょう…

--
Posted by taks-ike at 2006年05月20日 03:12
そうそう,だから衰退していったんだけどね(^^;).

矛盾するようだけど,私が経営者だったら,いま率先して手をつけることはしないと思う.
とはいえ,目をつけておく産業のひとつではある.
掘削技術や変性技術,精製技術の動向をにらみつつ,割に合うという見通しがついたときに,真っ先に手をつけた人が勝つ分野のひとつだと思う.

青函トンネルを掘るのがたいへんだった時代から,「海ほたる」のような人工物を作れるようにもなってきた.
もちろん,いまでも,石油産業のほうが石炭産業よりも圧倒的に割に合う.

どこでどれくらい費用がかかるかとか,対費用効果がどれがよくてどれが悪いか,ということは,時代によって変化してくるから,自国内の
産業はいろいろ目を光らせておく必要があると思うよ.

手をつけないけど,目はつけておく,というところかな.
もっとも,生活費に困りつつあるので,私にはまったく余裕がありませんわぁ(^^;).


--
Posted by NOIKE at 2006年05月21日 00:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

やはり,石炭?
Excerpt: http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060511i501.htm --
Weblog: とりあえずコーヒーを飲もう
Tracked: 2008-10-07 22:13

いまこそ,石炭,というのはどうだろうか !!
Excerpt: いまこそ,石炭,というのはどうだろうか !! == 2006年05月19日 やはり,石炭? http://knoike.seesaa.net/article/152829142.html 20..
Weblog: とりコー
Tracked: 2011-03-28 03:09

「政府が石炭火力推進へ CO2排出基準の策定など検討」
Excerpt: 「政府が石炭火力推進へ CO2排出基準の策定など検討」 2013.3.23 21:35 http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130323/biz13032321..
Weblog: とりコー
Tracked: 2013-03-24 03:16

「石炭火力発電所新設、新環境基準発表へ」
Excerpt: 「石炭火力発電所新設、新環境基準発表へ」 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5315827.html 「 発電用の燃料費が急激に膨らむ中、政府はコスト..
Weblog: とりコー
Tracked: 2013-04-25 13:06

「地域再生20計画認定、夕張の炭層メタン開発など」
Excerpt: 「「地域再生20計画認定、夕張の炭層メタン開発など」 News i - TBSの動画ニュースサイト」 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2401497...
Weblog: とり茶
Tracked: 2015-01-23 17:54
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。