2015年04月25日

VLC の 2.2.0 からは Extension なしでリジュームができるようになったらしい.

Web拍手:


「VideoLAN - VLC 2.2.1 Terry Pratchett (WeatherWax)」
https://www.videolan.org/



VLC now resumes where you left off in all versions


VLC の 2.2.0 からは Extension なしでリジュームができるようになったらしい.
ということで,試してみた.
不具合が fix された 2.2.1 が出ていたので,それを使った.
あと,64bit 版は,どうもひとつひとつの動作にタイムラグを感じるので,32bit 版に戻すことにした.


リジュームに関する設定のありかを探しだすのがたいへんだった.
[ツール] → [設定] で,
「設定の表示」を「すべて」に切り替えたときに表示される
「インターフェース」の「メインインターフェース」の「Qt」のところにある「再生を継続しますか?」のドロップダウンリストがそれらしい.

resume_setting.png


私は「メインインターフェース」の「インターフェースモジュール」は「デフォルト」のままで,明示的に「Qtインターフェース」には設定していないのだけど,とりあえず,リジュームが動作した.


デフォルトだと,「再生を継続しますか?」の設定は「確認」になっていて,以前に再生したことのあるファイルを再生しようとすると画面上部に「問い合わせバー」が,数秒間,表示される.
この数秒間の間に「続ける」を押せば,以前の再生を中断したところから再生が始まる.
押さずに放置していると,この「問い合わせバー」は消えてしまう.結構,あっという間.

resume_cont.png


「再生を継続しますか?」の設定を「常に」にしておくと,この問い合わせがされることなく,以前の再生を中断したところから再生が始まる.


ちょっと試してみた限りでは,

o 1分 30秒くらい再生位置を進めておかないとリジュームされない
o 再生継続の「問い合わせバー」が消えるのが早い(表示されている時間が短い)

のが気になるところ.

うーむー,Extension の「Progress」のほうが,一手間かかるものの,いつでもリジュームが機能してよさそうな気がするなぁ.

しばらく併用して様子見しよう.


==

2015年04月09日
VLC でリジューム(再生位置の記憶と復元)を実現するには,とりあえず,Extension の「Progress」を使うのがよさそう.
http://knoike.seesaa.net/article/417047152.html

2015年04月09日
VLC のエクステンションって,Lua で書くのか! ほほー!
http://knoike.seesaa.net/article/417043402.html




posted by NOIKE at 22:18 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。