2015年04月10日

「理研で新スーパーコンピュータシステム「HOKUSAI GreatWave」が稼働開始」「HOKUSAI-GW の超並列計算システムの理論演算性能は1ペタフロップス(毎秒1,000兆回の浮動小数点演算を実行できる性能)で、RICC の約10倍の演算速度を持つ。」

Web拍手:


「新スーパーコンピュータシステム「HOKUSAI GreatWave」が稼働 | 理化学研究所」
http://www.riken.jp/pr/press/2015/20150403_1/

「理研で新スーパーコンピュータシステム「HOKUSAI GreatWave」が稼働開始 - インターネットコム」
http://internetcom.jp/webtech/20150410/new-supercomputer-system-hokusai-greatwave-starts-running-at-riken.html


HOKUSAI-GW システムは、RSCC(RIKEN Super Combined Cluster、2004年稼働)、RICC(RIKEN Integrated Cluster of Clusters、2009年稼働)に続く、さまざまな計算資源を結合した複合システム。シミュレーションから実験パラメータへのフィードバックや、実験データのシミュレーション利用などのデータを連係することができる。



HOKUSAI-GW の超並列計算システムの理論演算性能は1ペタフロップス(毎秒1,000兆回の浮動小数点演算を実行できる性能)で、RICC の約10倍の演算速度を持つ。



今回稼働を開始した HOKUSAI-GW システムに続き、2016年頃に「HOKUSAI BigWaterfall」(HOKUSAI-BW)が導入される予定。





posted by NOIKE at 17:29 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「Tony: a tool for melody annotation」 GUI のあるメロディートラッキング(抽出)ソフトウェア.「モノフォニックオーディオから」ということは,単音のメロディーだけにしか対応していないのかな?

Web拍手:


「Tony: a tool for melody annotation - Sound Software .ac.uk」
https://code.soundsoftware.ac.uk/projects/tony/

「ファイル - Tony: a tool for melody annotation - Sound Software .ac.uk」
https://code.soundsoftware.ac.uk/projects/tony/files


Tony is a software program for high quality scientific pitch and note transcription in three steps: automatic visualisation/sonification, easy correction, and export.

First, Tony automatically analyses the audio to visualise pitch tracks and notes from monophonic recordings . As a Tony user, you can play back pitches and notes alongside the recording, which makes it easy to spot the inevitable extraction errors.

Then you can use several tools that make correction of such errors a breeze, including alternative pitch track selection, octave shift, and easy note split, merge and deletion.

Finally, you can export pitch track and note track in .csv (comma-separated values) format, or simply save a session file to continue annotating another time.



ISMIR-Community ML から.

I’d like to bring to your attention version 1.0 of Tony. Tony is a
software for computer-aided transcription of melody pitch tracks
and notes from monophonic audio. With the user in the loop.



GUI のあるメロディートラッキング(抽出)ソフトウェア.
「モノフォニックオーディオから」ということは,単音のメロディーだけにしか対応していないのかな?
Windows 用と Mac 用のバイナリと,ソースコードが置いてある.
あとで,動かしてみよう.

posted by NOIKE at 16:08 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「Mxl2mid MusicXML to MIDI converter」 CeVIO Creative Studio で作ったデータを他のツールで使いやすくするために作られたらしい.制約はあるとはいえ,MusicXML to SMF コンバータとしても便利そう.

Web拍手:










「Mxl2mid MusicXML to MIDI converter」
https://oov.github.io/mxl2mid/

「oov/mxl2mid」
https://github.com/oov/mxl2mid


This is a MusicXML to MIDI converter. This program supports only MusicXML file that was output from CeVIO Creative Studio.



CeVIO Creative Studio で作ったデータを他のツールで使いやすくするために作られたらしい.
.ccs ファイル(CeVIO Creative Studio のプロジェクトファイル)を変換するわけではなくて,
.ccs ファイルを CeVIO Creative Studio で読み込んで,
CeVIO Creative Studio で MusicXML でエクスポートしてそれをこのコンバータで SMF に変換することで他のツールで使えるようにする,という主旨らしい.

制約はあるとはいえ,MusicXML to SMF コンバータとしても便利そう.
とりあえず,CeVIO とは関係のない普通の MusicXML ファイルが SMF に変換できました.
有用だと思います.




posted by NOIKE at 02:08 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マルツの DIP-YA に,Blackfin DSP基板付き Interface増刊の特設ページができていた.

Web拍手:


「音遊び!Blackfin DSP基板でディジタル信号処理の部屋 | DIP-YA」
http://dip-ya.com/archives/795


マルツの DIP-YA に,Blackfin DSP基板付き Interface増刊の特設ページができていた.






==

2015年03月24日
ANALOG DEVICES の DSP,「Blackfin(ADSP-BF592)」が載った基板付き Interface 増刊が出るらしい.4860円.これは割とおもしろそう.買うー?
http://knoike.seesaa.net/article/416181172.html


posted by NOIKE at 00:23 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 電子工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。