2013年08月04日

「椅子感樽(イスカンダル)」 椅子のように座り心地のよい樽.

Web拍手:


「椅子感樽(イスカンダル)」


椅子のように座り心地のよい樽.




posted by NOIKE at 18:24 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | だじゃれ,冗談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「患者の診療情報、全国で共有…ネットワーク構築」 これって,個人情報どころか家系素性情報の大規模な収集だけど,いい方向に進むのかなぁ.それと,利害関係がなく圧力のかかっていないセカンドオピニオンを受けることの障壁になったりしないだろうか.特別な事情がない場合は,どこに行っても同様の治療が受けられるというメリットはあるけれど... .

Web拍手:


「患者の診療情報、全国で共有…ネットワーク構築」
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130803-OYT1T01248.htm


厚生労働省は、患者の治療歴や処方薬などの診療情報を病院・診療所で共有するネットワークの構築に乗り出す。

 医療機関で広く普及しているレセプトコンピューターを使い、全国の医療機関などで情報の閲覧が可能となる。データの共有化で、転院や在宅療養への移行がスムーズになり、患者の利便性の向上や健康増進につなげる狙いがある。2018年度までの展開を目指す。

 レセプトコンピューター(レセコン)は、医療機関や調剤薬局が医療費請求に使う情報端末。診療報酬明細書(レセプト)作成ソフトを搭載している。国内の病院・診療所の約8割にあたる約8万9000施設が保有し、患者名、病名、手術や治療法、処方薬などのデータを入力している。

 厚労省によると、まず地域で病院、診療所、薬局がネットワークを構成し、参加施設は患者の同意を得た上で、レセコンのデータの一部をネット上に登録。患者の治療を引き継いだ別の医療機関の医師などが、必要に応じて治療歴や処方薬などを閲覧できる。地域単位のネットワークを結べば全国での情報の共有が可能になる。

(2013年8月4日13時43分 読売新聞)



これって,個人情報どころか家系素性情報の大規模な収集だけど,いい方向に進むのかなぁ.
それと,利害関係がなく圧力のかかっていないセカンドオピニオンを受けることの障壁になったりしないだろうか.
特別な事情がない場合は,どこに行っても同様の治療が受けられるというメリットはあるけれど... .


posted by NOIKE at 14:45 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療, 薬, 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月03日のつぶやき

Web拍手:













































































































posted by NOIKE at 00:01 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | Twitter まとめ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。