2013年07月25日

Pianoteq から見えるオーディオデバイス「Windows Audio」って何のことだろう,と思っていたら,Vista 以降で入った「WASAPI(Windows Audio Session API)」のことらしい.ということは,ASIO4ALL は入れないほうがよさそうですねー.448 samples で遅延は 9.3 msec とのこと.

Web拍手:


Pianoteq から見えるオーディオデバイス「Windows Audio」って何のことだろう,と思っていたら,Vista 以降で入った「WASAPI(Windows Audio Session API)」のことらしい.
WASAPI についての解説記事は Web 上に山ほどあるけれど,

http://pcde24bit192khz.blogspot.jp/2010/04/blog-post_17.html

の図が,厳密に正しい図ではないけれども模式的に表していてわかりやすい.
昔でいうところの,Kernel Streaming に相当する方式っぽいですね.
ということは,DirectSound も Kernel Mixer もスキップして音出しする方式ですな.
ということは,ASIO のオーディオ I/F をつないでいない環境でも,わざわざ ASIO4ALL を入れる必要なさそう.
というより,むしろ,いれないほうがいいよね.音の出が遅くなるだろうし,音自体に何か変換がかかってしまうだろうし.

Pianoteq の導入ビデオで ASIO4ALL をインストールすることが推奨されていたので,入れたほうがいいのかなぁと思っていたのだけど,XP 以前の Windows でない限りは入れないほうがよさそう.

Pianoteq では,オーディオデバイスを「Windows Audio」に設定しておくと,デフォルトのバッファサイズ設定(480 samples)で 10 msec しか遅延しないらしい.
これはいいわー.
16の倍数のサンプル数に設定したほうがよさそうなので,448 samples に設定した.遅延は 9.3 msec とのこと.
もっと遅延を減らすこともできるけれど,あんまり小さくして何か起こるのもイヤなので,このくらいにしておくことにしよう.

ASIO 対応のオーディオ I/F として Roland の UA-4FX を持っているけれども,常につないでいるわけではないし,むしろつないでいないことのほうが多いので,普段はオーディオデバイスを「Windows Audio」に設定しておくことにしよう.


==

2013年07月22日
64bit 版の Windows8 で,VSTi に対応していない MIDIソフトウェアから,MIDI Yoke → VSTHost → Pianoteq の VSTi とデータを流すことで,Pianoteq を鳴らすことができました.
http://knoike.seesaa.net/article/369907895.html

2013年07月21日
Pianoteq 4 で使える free の add-on,「KIViR instruments」と「Bells and carillons」も,なかなかすばらしい.個人的には CP-80 の柔らかいエレピの音が使えてうれしい.あと,ベヒシュタインのピアノの音色も使えるようになるので,これがうれしいひともいるんじゃないかな?
http://knoike.seesaa.net/article/369893004.html

2013年07月21日
「Pianoteq 4 Stage」を購入しました.「4 Stage」への無料アップグレードのできる「3 Play」を購入することで,少し安く入手できました.7980+送料で,8800円くらい.「4 Stage」のパッケージ製品を購入すると 11000円くらいなので,2000円くらい安く買えたのかな.
http://knoike.seesaa.net/article/369889962.html

2012年05月22日
Pianoteq が 4 になった.Steinway の D がモデリングされたらしい.ちょっとデモを聴いた感じでは,かなりイイ!
http://knoike.seesaa.net/article/270965536.html

2010年05月28日
「PIANOTEQ PLAYも、PIANOTEQと同じAdd-Onモデルにより新しいピアノモデルを
http://knoike.seesaa.net/article/152843826.html

2010年05月28日
複雑なエディット機能が省かれた Pianoteq でよければ,14700円で買えるようになるのか.
http://knoike.seesaa.net/article/152843829.html

2009年11月02日
「Pianoteq Pro」と「Pianoteq 3.5」
http://knoike.seesaa.net/article/152841620.html

2009年03月01日
ELECTRIC PIANOS - Pianoteq
http://knoike.seesaa.net/article/152839263.html

2009年03月01日
Pianoteq が 3 になっていた.
http://knoike.seesaa.net/article/152839265.html

2008年09月07日
Pianoteq + GPP-3
http://knoike.seesaa.net/article/152835319.html

2007年05月07日
物理モデリングによるピアノ音源 Pianoteq
http://knoike.seesaa.net/article/152830717.html




posted by NOIKE at 23:26 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(2) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「東京メトロ表参道駅構内「Echika表参道」で次世代高速無線LANのトライアルを実施 | NTTドコモ」 いよいよ 11ac の時代かぁ.

Web拍手:


「報道発表資料 : 東京メトロ表参道駅構内「Echika表参道」で次世代高速無線LANのトライアルを実施 | お知らせ | NTTドコモ」
http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2013/07/25_00.html


いよいよ 11ac の時代かぁ.
むかーし,11a(5Ghz帯)と 11b(2.4Ghz帯)とで,どちらが主流になるのか友人と話をしていたときに,「5Ghz帯(11a)は認可を取らないと外で使えないらしい」という話があったのだけど,あれって,いまは制限がゆるくなったのかな? それとも,もとからそういうことはなかったのかな?

いずれにしても,11a(5Ghz帯)は 11b(2.4Ghz)と違って,いまのところ他の電子機器との干渉が少ないので,速度面でのメリットが上がれば,今後の主流になりそうですねー.
「11b は(11b/g/n は)電子レンジの出す電波と干渉するから家庭向きではない.流行らない」とか言われていた割には,かなり普及したなぁ.


posted by NOIKE at 22:27 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミニッツメイドの「ピンクグレープフルーツ」が,すっぱくておいしい.なんとなくだけど,暑くて疲弊した体にいいような気がする.

Web拍手:


ミニッツメイドの「ピンクグレープフルーツ」が,すっぱくておいしい.
なんとなくだけど,暑くて疲弊した体にいいような気がする.






==

2011年03月28日
紙パックのミニッツメイドは,コカ・コーラ製というよりも,明治乳業製らしい.
http://knoike.seesaa.net/article/192838645.html

2010年07月25日
さらら生活, サンガリア 炭焼珈琲 糖類ゼロ, ミニッツメイド-ピンクグレープ を発注
http://knoike.seesaa.net/article/157382863.html

2010年03月22日
「レギュラーコーヒーゼロ」が在庫切れなので,代わりに「炭焼珈琲 糖類ゼロ」を発注.
http://knoike.seesaa.net/article/152843268.html

2009年11月04日
缶コーヒーを発注.
http://knoike.seesaa.net/article/152841614.html

2009年10月11日
ということで,発注.
http://knoike.seesaa.net/article/152841380.html

posted by NOIKE at 21:35 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常の一コマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「太陽光発電システム販売の「楽天ソーラー」、電気自動車用の充放電設備を取り扱い開始」 電気料金の安い深夜に電気自動車の大容量バッテリを充電し、その電力を昼の時間帯に家庭で利用することで、家庭の電気料金の節約ができる。また、停電が起きたときにも非常電力として使用できる。

Web拍手:


「太陽光発電システム販売の「楽天ソーラー」、電気自動車用の充放電設備を取り扱い開始」
http://japan.internet.com/busnews/20130725/9.html


楽天は、太陽光発電システム販売サービス「楽天ソーラー」を通じて、ニチコン製の電気自動車(EV)用充放電設備「EV パワーステーション」の取り扱いを開始した。 本体価格は50万4,000円(税込)で、基本工事費用は6万3,00円(税込)。なお、同商品の販売主体および施工は日本エコシステムに委託するという。

太陽光発電システム販売の「楽天ソーラー」、電気自動車用の充放電設備を取り扱い開始
EV パワーステーション
(出典:楽天)
同商品を導入すると、電気自動車と住宅との間を結び、相互の充放電が可能になる。家庭の電源から電気自動車へ充電するだけでなく、電気料金の安い深夜に電気自動車の大容量バッテリを充電し、その電力を昼の時間帯に家庭で利用することで、家庭の電気料金の節約ができる。また、停電が起きたときにも非常電力として使用できる。

EV パワーステーション本体のサイズは縦78×横65×奥行き 35cm。重量は約 61kg。



posted by NOIKE at 20:28 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 発電, 蓄電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月24日のつぶやき

Web拍手:



















































posted by NOIKE at 00:01 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | Twitter まとめ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。