2013年06月23日

「貼るワクチン開発 5〜10年後実用化へ」

Web拍手:


「貼るワクチン開発 5〜10年後実用化へ」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130623/k10015511951000.html


6月23日 11時31分

小さなシールを皮膚に貼るだけで痛みを感じずに接種できるというインフルエンザのワクチンを厚生労働省の研究班が開発し、5年から10年後の実用化を目指して臨床試験を進めていくことにしています。

貼るワクチンを開発したのは、大阪大学薬学部の岡田直貴准教授が主任を務める厚生労働省の研究班です。
直径1センチほどの円形のシールに、ヒアルロン酸と、インフルエンザのワクチンの成分を固めて作った、長さ0.8ミリのごく細い針が、およそ250本埋め込まれています。
針は短いため、皮膚に刺さっても痛みを感じることはなく、ヒアルロン酸が溶けると、ワクチンの成分が体内に浸透する仕組みだということです。
研究班が、20人の男性を対象に臨床試験を行った結果、注射と同じ程度の有効性を確認することができたということです。
半数ほどの人に、シールを貼った部分が一時、赤く腫れるなどしましたが、重い副作用はなかったということです。
研究班は今後、製薬メーカーを募集し、5年から10年後の実用化を目指して臨床試験を進めていくことにしています。
岡田准教授は、「痛みがなく接種方法が簡単なうえ、注射器も必要ないので経済的だ。国内外のワクチンの普及に貢献したい」と話しています。





posted by NOIKE at 22:30 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療, 薬, 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月22日のつぶやき

Web拍手:



























































posted by NOIKE at 00:01 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | Twitter まとめ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。