2013年05月20日

「乳房の予防切除を国内でも実施へ、都内2病院が準備」 加速器使って温存しようとする一方で,こっちは可能性が高かったらがんでなくても先に切るほうか.アンジェリーナ・ジョリーのように.

Web拍手:


「乳房の予防切除を国内でも実施へ、都内2病院が準備」
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5336795.html


先週、アメリカの女優アンジェリーナ・ジョリーさんが受けたことで話題となった乳がんを予防するために乳房を切除する手術が、国内でも実施される見通しとなりました。

 この手術は、遺伝子検査により特定の遺伝子に変異が見つかり、乳がんになる可能性が高いとわかった人が、がんになる前に乳房を切除するというものです。東京・江東区のがん研有明病院では、すでに乳がんの遺伝子検査は行われていますが、乳がんになる確率が高いとわかった場合、これまでは検診の強化で対応してきました。

 そして今回、乳房の予防切除について、臨床研究として来月にも倫理委員会に申請する方針であることがわかりました。20万円あまりの検査費用と70万から100万の切除費用は自己負担だということです。

 「(これからは)あるがんにり患しやすい体質と分かれば、対策をあらかじめ考えて二重予防を行う時代になっている。もし変異があれば、早い段階から対策を考えるのも一つの選択肢」(がん研有明病院 遺伝子診療部・新井正美部長)

 また、東京・中央区の聖路加国際病院では、乳房の予防切除がすでに院内の倫理委員会で承認されていることもわかりました。聖路加国際病院でも、「事前にカウンセリングを重ねることが重要だ」としています。

 一方、乳がんを「切らずに完治させる」治療の研究も始まります。千葉市の放射線医学総合研究所では、がんのある部位に狙いを定めて照射できる特殊な放射線「重粒子線」によるがん治療の研究を行っています。これまでは、肺がんや前立腺がんなどの治療を行ってきましたが、乳がんへの応用も新たに始めるということです。(20日16:07)


加速器使って温存しようとする一方で,こっちは可能性が高かったらがんでなくても先に切るほうか.
アンジェリーナ・ジョリーのように.


==

2013年05月20日
「乳がん「切らず完治」へ重粒子線治療の臨床試験」
http://knoike.seesaa.net/article/362527498.html




posted by NOIKE at 18:30 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療, 薬, 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「乳がん「切らず完治」へ重粒子線治療の臨床試験」

Web拍手:


「乳がん「切らず完治」へ重粒子線治療の臨床試験」
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130520-OYT1T00689.htm


放射線医学総合研究所(千葉市)は今月、乳がんに対し、切らずに完治を目指す重粒子線治療の臨床試験を始める。

 従来の乳がん治療は、手術と放射線・薬物治療の併用が一般的だが、同研究所は「持病のために手術できない人や、手術を望まない人などに、体への負担が少ない治療の選択肢が広がる可能性がある」としている。

 重粒子線は、がんに強力なエネルギーを集中させられる特殊な放射線。同研究所によると、現在治療を行う施設は世界で6施設だけ。うち3施設が日本にあり、骨軟部腫瘍、肺がん、肝臓がん、前立腺がんなどに用いられているが、乳がんの完治を狙うのは初めてという。

 近年、欧米で照射範囲を絞った放射線治療の有効性を示す研究報告が増えたことや、がんへの照射位置がずれないように柔らかい乳房を固定する装具が開発されたことなどにより、乳がんへの応用が計画された。

(2013年5月20日14時31分 読売新聞)



posted by NOIKE at 18:22 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(3) | 医療, 薬, 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月19日のつぶやき

Web拍手:

















































































posted by NOIKE at 00:01 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | Twitter まとめ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。