2013年05月06日

徳川機関長のような人間になることを目指そう.

Web拍手:


徳川機関長のような人間になることを目指そう.
わからないことはわからないという.知ったかぶりをしない.
できることは全力でやる.
時間が空いたときに勉強する.
若い人にちゃんと教わる.
まかせるべきところはまかせる.


==

2013年05月06日
TV 放送版の「宇宙戦艦ヤマト 2199」を 5話まで観た.うーむー,出渕裕が作った別のヤマトのお話だと思えば観れる,という感じかなー.
http://knoike.seesaa.net/article/359097008.html

2013年04月07日
TV 放送版の「宇宙戦艦ヤマト 2199」の 1 話を観た.なんか物体の重さというか,慣性モーメントというか,動きに違和感がある.でも,絵柄はすごくきれいになっていた.レーザー砲とか爆発シーンとか.全体的には割といいと思う.最後まで観切ろう.
http://knoike.seesaa.net/article/354431796.html

2012年04月12日
「SPACE BATTLESHIP ヤマト」を観終えた.
http://knoike.seesaa.net/article/264102884.html

2012年02月22日
「宇宙戦艦ヤマト 2199」って,第1作のリメイクか! イスカンダルに放射能除去装置を取りに行くお話ですな.それはいいなー.何かの機会に,ひととおり観たいのぅ.
http://knoike.seesaa.net/article/253505471.html

2011年10月21日
「SANKYO、特設サイトで『宇宙戦艦ヤマト』劇場版アニメ6作品を期間限定公開」
http://knoike.seesaa.net/article/231493648.html

2011年01月10日
「宇宙戦艦ヤマト」って,昔は「SPACE CRUISER YAMATO」だったのか. そうかー,戦うわけじゃなくて,イスカンダルまで行って帰ってくるのが目的だものなぁ. 「BATTLE SHIP」じゃないよねぇ.
http://knoike.seesaa.net/article/180019583.html

2010年11月08日
「「宇宙戦艦ヤマト」プロデューサー、西崎弘文さんが船から転落死」
http://knoike.seesaa.net/article/168658820.html

2009年12月30日
「イスカンダルで,椅子噛んだる!」
http://knoike.seesaa.net/article/152842147.html

2009年05月19日
「宇宙戦艦ヤマト:パワーアップ「波動砲」6連発OK」
http://knoike.seesaa.net/article/152840499.html




posted by NOIKE at 02:19 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(4) | マンガ,テレビ,映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TV 放送版の「宇宙戦艦ヤマト 2199」を 5話まで観た.うーむー,出渕裕が作った別のヤマトのお話だと思えば観れる,という感じかなー.

Web拍手:


「宇宙戦艦ヤマト2199」
http://yamato2199.net/index_tv.html
http://yamato2199.net/tv_story/story_05.html


TV 放送版の「宇宙戦艦ヤマト 2199」を 5話まで観た.
うーむー,出渕裕が作った別のヤマトのお話だと思えば観れる,という感じかなー.
南部も真田さんも別の人になっているし.
南部はもうちょっと賢い人だったし,真田さんは,ああいうふうにイヤミ(皮肉)をいう人ではなかった.

5話の最後の「ヤマトが縦になって沈んでいくシーン」って,音から何から「完結編」でヤマトが二つ折りになって沈んでいくシーンの真似だよねぇ.
あれを「完結編」以外のお話でやっちゃうのって,アリなのかなぁ?
というか,あのパクリ方は出渕的におっけーなのかなぁ?
私の感覚だとナシだ.

物体の慣性がおかしいのは,もうどうしようもなさそう.
重力があろうとなかろうと,質量の大きなモノは動き出したら止まりづらいんだけどなー.
これは,どんなにテクノロジーが進歩しても変わらない,普遍の原理.
慣性が小さいなら小さいで構わないのだけど,同じ物体の慣性が急に異様に大きくなった振る舞いをするときがあるので,観ていて不気味なんだよねぇ.
この現実味のないモノの動きって,ヤマトに限らずあらゆる動画作成時にまずいよねぇ.
たとえば,「水が半分入った空き瓶に石を投げつけて空き瓶を倒したときの空き瓶と石の転がる様子」なんかはとてもこの人たちには描写できないよねぇ.
誰も何も言えない状況なのかなぁ.

お話自体が,なーんか軽くなっている気がする.
地球上の全人類とその子孫の運命がかかっているんだぜぇ?
「キムタクヤマト(SPACE BATTLESHIP ヤマト)」は私は嫌いなのだけど,お話としての重さは,ちゃんとしていたなぁ.
地球上(地下生活)の人々の荒れた苦しい生活は悲壮感たっぷりに描写されていたし.
キムタク扮する古代は沖田艦長に食って掛かっていったわけだし.

ワープってさー,ディスプレイ上をぴょんぴょんはねる玉を,島がタイミングを見計らって重い操縦桿をガチャッって引くのがいいのになー.
「あれを合わせないといけないのかー,失敗すると帰ってこれないのに,たいへんだなー」という印象が薄れてしまった.

ワープ中って,船内の時間は止まりようがないよねぇ.あの描写って,おかしいと思う.

島が死にそうになりながら巨大戦艦に軟着陸するのって,ヤマトの何のお話だったっけ.
イカリを打ち込んで曲がりながら止まるシーンがそれに似ている.

波動砲の描写自体はかっこよくなっていて,すごくよかったのだけど,木星の間近に浮かんでいるモノをぶっぱなしちゃだめだろー.
だから,昔のヤマトでは,わざわざ離れている小惑星をぶっぱなしたわけで.
(2014-11-03 追記: 昔のヤマトでもぶっぱなしていました.大変失礼いたしました.)


ただ,現代のアニメ技術によって,いろいろな描写が美しく描かれていて,それはすばらしいねー.
特に,反射衛星砲は美しくてよかったわー.


==

2013年04月07日
TV 放送版の「宇宙戦艦ヤマト 2199」の 1 話を観た.なんか物体の重さというか,慣性モーメントというか,動きに違和感がある.でも,絵柄はすごくきれいになっていた.レーザー砲とか爆発シーンとか.全体的には割といいと思う.最後まで観切ろう.
http://knoike.seesaa.net/article/354431796.html

2012年04月12日
「SPACE BATTLESHIP ヤマト」を観終えた.
http://knoike.seesaa.net/article/264102884.html

2012年02月22日
「宇宙戦艦ヤマト 2199」って,第1作のリメイクか! イスカンダルに放射能除去装置を取りに行くお話ですな.それはいいなー.何かの機会に,ひととおり観たいのぅ.
http://knoike.seesaa.net/article/253505471.html

2011年10月21日
「SANKYO、特設サイトで『宇宙戦艦ヤマト』劇場版アニメ6作品を期間限定公開」
http://knoike.seesaa.net/article/231493648.html

2011年01月10日
「宇宙戦艦ヤマト」って,昔は「SPACE CRUISER YAMATO」だったのか. そうかー,戦うわけじゃなくて,イスカンダルまで行って帰ってくるのが目的だものなぁ. 「BATTLE SHIP」じゃないよねぇ.
http://knoike.seesaa.net/article/180019583.html

2010年11月08日
「「宇宙戦艦ヤマト」プロデューサー、西崎弘文さんが船から転落死」
http://knoike.seesaa.net/article/168658820.html

2009年12月30日
「イスカンダルで,椅子噛んだる!」
http://knoike.seesaa.net/article/152842147.html

2009年05月19日
「宇宙戦艦ヤマト:パワーアップ「波動砲」6連発OK」
http://knoike.seesaa.net/article/152840499.html

posted by NOIKE at 02:10 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(4) | マンガ,テレビ,映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月05日のつぶやき

Web拍手:











































posted by NOIKE at 00:01 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | Twitter まとめ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。